いつがベスト?家を売るタイミング

家を高値で売るにはタイミングが大切であり、
家を売りやすいタイミングが存在します。

やむを得ない理由で家を売却する場合を除き、
家を売る際には絶好のタイミングを見計らったうえで
売却することが大切です。一般的に不動産市場は
春と秋が最も取引が活発になるため、季節では
春か秋に売るのがベストです。柱となるもの

春と秋は不動産会社の決算とも重なるため、
不動産会社のセールスマンは熱心に
営業活動を行って住宅の買主を探してくれます。不動産会社のセールスマンの努力で
成約に結びつくことが多いので、
春と秋を狙って売りに出すことが望ましいです。

木造住宅の場合、築後20年を経過すると建物の資産価値は
無くなってしまいます。

資産価値が無くなると建物価格は0円になってしまうため、
古い家を売る場合には、築後20年を迎えるまでに
売るのがベストです。

よって、木造住宅を売却する場合は、なるべく早めに
売却することが大切です。新築住宅を売却する際には
なるべく築後3年以上を経過してから売るのがベストです。

家を新築してすぐに売る場合でもその家は中古住宅に
なってしまうため、ほとんど住んでいなくても
新築価格では売却することはできず、新築価格よりも
2割から3割程度安くなってしまいます。

維持また、新築後3年間は固定資産税が
優遇されるため、税金のことを考慮しても
新築直後に売却するのは非常に
もったいないです。

どうしても早く売却したい場合を除き、
しばらく待ってから売却する方がお得です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)