ネットで家を売却するメリット

インターネットが普及してきており、
家を売却する時に、ネットオークションを
利用して売却するという選択肢も
生まれています。

長年の歴史オークションでは最低販売価格を
設定できるので、予想よりも
安く売れてしまうということは
起こりません。

例えば、ローン残高が2000万円ならば
最低販売価格を2000万円に設定して
売りに出すことで、ローンを
完済できないというトラブルを
防ぐことができるでしょう。

魅力的な物件ならば、購入者の競争心理を
利用して、高く売却できる可能性も高いです。

しかし、オークションでは最低販売価格を
1円でも上回った価格で入札されてしまったら、
たとえその価格に納得ができなくても
家を売らなければなりません。幸運を呼ぶ

最低販売価格を設定する時には
慎重になりましょう。

場合によっては相場よりも
安く売れてしまう
こともあります。

現在のところ、家を売却する時、不動産会社に
仲介を依頼するのが一般的です。

オークションを利用すると手数料がかかり、
不動産会社に依頼をした場合の仲介手数料よりも
高額になってしまうケースもあるので
注意が必要です。

インターネットを利用して買主を探し、
個人で売買をすると仲介手数料を節約できます。

仲介手数料は売主と買主の両方にとって
負担となるので、個人売買にもメリットはあります。

しかし、契約書などを自分で作成しなければ
ならないので、トラブルに発展することもあります。

登記関係の書類の作成は司法書士に
依頼をするなど、なんらかの形で
専門家に関与してもらうべきでしょう。