注意点についてのまとめ・家を売るなら

家を売る時の注意点はまとめると、家の相場を知ること、
複数の不動産屋に査定してもらう、家を売る時にかかる
お金を知る、価格交渉についての知識を得ることです。

まず不動産屋に査定してもらう前に、自分で大体の
相場を調べておくと安心です。

何も知識がない状態で査定してもらうよりも、
不動産屋の言い分だけを鵜呑みにして売買価格が
安くなる事を防げます。

また不動産屋によっても査定額などが変わってくるので、
ひとつの会社だけに査定をお願いしてそのまま頼むことは
避けた方が賢明です。

経験複数の不動産屋の査定を受けることで
良い仲介会社や担当者を見つける
ことが出来、知識や情報をたくさん
収集することも出来ます。

家を売る時には、売れた金額がそのまま
丸々使うことが出来るわけではありません。

様々な手数料がかかりますが、一番高いのは仲介手数料です。

売れた価格によって仲介手数料は異なり、数十万円程度
かかることが多いです。

家を売る時には希望の価格で売ることも大切ですが、
価格交渉に応じることも大切です。

最近では新築住宅の値段が値下がりしているので、
中古住宅の需要は減っており売主の希望通りの金額で
売れることはほとんどないと言われています。

売り出している物件が好立地である場合以外は、
買おうかどうか検討してくれる人が現れただけでも
有難い話です。ついていく

もちろん希望価格とかけ離れた価格交渉には
応じる必要はありませんが、価格交渉には
応じる姿勢は必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)