ブログで見かける家を売却することの共通点

様々なブログで家の売却についてのテクニックが
紹介されていることがありますが、各ブログで
共通している部分がいくつかあります。

そして中でもよく言われているのが、複数業者から
査定を受けてみることの重要性です。気持ちよく

この点に関しては、必ずと言って良いほど
推奨されているのですが、家の売却において
それだけ業者の比較が欠かすことができない
ポイントだからです。

複数業者から査定を受けることが必要な理由に、
まず相場を把握するためという目的が挙げられます。

業者による買取をしてもらう時も媒介で売る場合も、
相場を把握しておかなければ適正な金額で
売ることは難しくなります。

それどころか相場よりも家を安く売却する羽目になり
損をしてしまう可能性も否定できません。

危険地帯複数業者から査定を受けることで相場の把握が
容易になりますので、失敗のない売り方をするためにも
推奨されていることが多いのです。

複数業者からの査定を受けることで、数ある業者の
選定をしやすくなるというメリットもあります。

例えば相場よりも安過ぎるあるいは高過ぎる業者を
除外するのも上手な売却をするコツなのですが、
各業者からの査定を受けることでスムーズに
選定を行うことができます。

業者の対応をチェックできるのも選定が楽になる
理由のひとつです。

対応の良し悪しも売却においての重要なポイントですから、
安心して家の売却についての相談ができる業者を
発見するという意味でも、複数業者による
査定が有効なのです。

リフォームで家を売ることのメリット

家を売却することを考える人の中には、売る前に
リフォームした方がよいのではないかと
考える人が多く見られます。

リフォームをするにはお金がかかりますが、
それでもリフォームをして売却することには
どのようなメリットがあるのでしょうか。

家を売るためには、それを購入したいと思う
買主が必要になります。照らす

買主が家を気に入らなければ、家を売ることは
できないのです。

ここでポイントとなるのが家の印象を
良くするということです。
築年数がかなり経過している家の場合には、
どうしても古いイメージを持たれてしまいます。

中には古いことが汚いというイメージにつながる人もいます。

そこでこのイメージを覆すためにリフォームして、
見た目の印象を良くするというメリットがあるのです。

しかしリフォームを行うにしても、どの程度の
リフォームを行うか注意が必要になります。元気をもらう

もしも大掛かりなリフォーム工事を行った場合には、
それだけ時間もお金もかかることになります。

自分の家を売るためにリフォームをするのであれば、
最低限必要なリフォームを行った方がよいと言えます。

例としては壁紙を張り替えたり、トイレなどの水回りの
リフォームだけでも十分と言えます。

もしも大掛かりな工事をしたとしても、購入する側の
好みに合わなければ、すべて無駄なことになってしまいます。

実際に買主が決まれば、買主自身が自分好みに
リフォームをすればよいことになります。

また、リフォームにかかった費用を、家の売却金額に
上乗せすることはできません。

大掛かりなリフォームは、少しでも高く売るための方法が
逆の結果を招くことにもつながるのです。

注意点についてのまとめ・家を売るなら

家を売る時の注意点はまとめると、家の相場を知ること、
複数の不動産屋に査定してもらう、家を売る時にかかる
お金を知る、価格交渉についての知識を得ることです。

まず不動産屋に査定してもらう前に、自分で大体の
相場を調べておくと安心です。

何も知識がない状態で査定してもらうよりも、
不動産屋の言い分だけを鵜呑みにして売買価格が
安くなる事を防げます。

また不動産屋によっても査定額などが変わってくるので、
ひとつの会社だけに査定をお願いしてそのまま頼むことは
避けた方が賢明です。

経験複数の不動産屋の査定を受けることで
良い仲介会社や担当者を見つける
ことが出来、知識や情報をたくさん
収集することも出来ます。

家を売る時には、売れた金額がそのまま
丸々使うことが出来るわけではありません。

様々な手数料がかかりますが、一番高いのは仲介手数料です。

売れた価格によって仲介手数料は異なり、数十万円程度
かかることが多いです。

家を売る時には希望の価格で売ることも大切ですが、
価格交渉に応じることも大切です。

最近では新築住宅の値段が値下がりしているので、
中古住宅の需要は減っており売主の希望通りの金額で
売れることはほとんどないと言われています。

売り出している物件が好立地である場合以外は、
買おうかどうか検討してくれる人が現れただけでも
有難い話です。ついていく

もちろん希望価格とかけ離れた価格交渉には
応じる必要はありませんが、価格交渉には
応じる姿勢は必要です。

いつがベスト?家を売るタイミング

家を高値で売るにはタイミングが大切であり、
家を売りやすいタイミングが存在します。

やむを得ない理由で家を売却する場合を除き、
家を売る際には絶好のタイミングを見計らったうえで
売却することが大切です。一般的に不動産市場は
春と秋が最も取引が活発になるため、季節では
春か秋に売るのがベストです。柱となるもの

春と秋は不動産会社の決算とも重なるため、
不動産会社のセールスマンは熱心に
営業活動を行って住宅の買主を探してくれます。不動産会社のセールスマンの努力で
成約に結びつくことが多いので、
春と秋を狙って売りに出すことが望ましいです。

木造住宅の場合、築後20年を経過すると建物の資産価値は
無くなってしまいます。

資産価値が無くなると建物価格は0円になってしまうため、
古い家を売る場合には、築後20年を迎えるまでに
売るのがベストです。

よって、木造住宅を売却する場合は、なるべく早めに
売却することが大切です。新築住宅を売却する際には
なるべく築後3年以上を経過してから売るのがベストです。

家を新築してすぐに売る場合でもその家は中古住宅に
なってしまうため、ほとんど住んでいなくても
新築価格では売却することはできず、新築価格よりも
2割から3割程度安くなってしまいます。

維持また、新築後3年間は固定資産税が
優遇されるため、税金のことを考慮しても
新築直後に売却するのは非常に
もったいないです。

どうしても早く売却したい場合を除き、
しばらく待ってから売却する方がお得です。