借地の家の場合はどうやって売却するのでしょうか

家は個人の所有物なので、誰かに賃貸したり
売却したりすることは自由です。

しかし、借りた土地の上に建てられた家は
二つのものを売ることになります。

示す一つは建物である家の「所有権」です。
そしてもう一つは土地の「借地権」です。

そのため代金はその二つの合計額に
なります。ただし、その際に注意することは
借りた土地の権利を売るときに、土地の
地主の承諾を受けてから売ることです。

なぜなら、借地権はその土地の借主を
信じて土地を貸す代わりに、借主から
地代をもらうことになっているために、
地主としては、信頼関係のない
いい加減な人に勝手に譲られては困るためです。

そのため、地主に無断で家と借地権を売ってしまうと、
せっかく買主が決まっても、地主から契約違反で
契約そのものが解除されて、土地を使わせて
もらうことができず、家に誰も住めなくなります。

育っていくそのため売れません。
また、そのような場合でも裁判所の
許可をもらえば売ることはできます。

しかし、そのように強引に売却すると、
新しい家の買主と地主の間で
トラブルになりかねません。

するとなかなか買い手がつかなかったり、売値を安く
買い叩かれてしまう場合があるために、それは
避けるほうが良いのです。

そのため、そのような家を売る場合は、地主の
承諾をもらった上で、売却するなら何も問題はありません。

いずれにしても正しい契約を結ぶためには、
不動産業者に依頼することが大切で、その上で
売却することが一番です。